子供手当てってどれくらいもらえるの?注意するポイントは?

子供

子どもが生まれるともらえるお金の一つに『子供手当』があります。

お金がもらえるという事はわかるけれど、制度については

詳しく知らない人も多いですよね。

何歳までもらえるの?

いくらもらえるの?

申請の仕方ってどうすればいいの?

そんなパパやママの疑問にお答えするために、子供手当について

まとめました。

もらえる金額や申請の手続きなどを、わかりやすくご紹介します。

申請の手続きには、実は知らない人が多い「15日特例」という

特例もあるので、必見ですよ。

子供手当の金額は地域によって差がある

子供手当で一番気になるのが、子供が何歳までいくらもらえるかですよね。

≪支給額≫

・0歳~3歳未満・・・月額 15,000円

・3歳~小学生・・・・月額 10,000円(第3子以降は15,000円)

・中学生・・・・・・・月額 10,000円

ここで注意することは、子供手当には所得制限があります。

所得制限がかかると、子供1人あたり月額5,000円が支給させます。

所得制限については、以下でも詳しく紹介しますね。

≪支給のタイミング≫

支給は、2月・6月・10月に、その月の前までの4ヶ月分が

まとめて支給されます。

≪申請について≫

子供が生まれた翌日から15日以内に、住んでいる地域の市区町村に

申請します。(公務員は勤務先に提出します)

ここで注意することが2つあります。

1つは、里帰り出産です。

里帰り出産の場合も、里帰り先ではなく、住んでいる地域の市区町村

に申請するので、間違えないようにしてくださいね。

2つめは、支給の対象日です。

子供手当は『申請した翌月分からが支給の対象』なんです。

例えば、5月に出産し、5月中に申請すると、6月分からが支給対象

となります。

子供手当は申請を忘れると、さかのぼっての手当ては受け取れません

ので注意しましょう。

また、月をまたいでしまうと1ヶ月分の手当てをもらい損ねてしまう

ので要注意です。

≪15日特例≫

ただし、出産日が月末に近かった場合、出産の翌日から15日以内に

申請すれば、申請月分から支給される「15日特例」があります。

例えば、12月29日に出産した場合、出産翌日を起点に15日目の

1月13日までに子供手当の申請を行えば、1月に申請したとしても、

特例として1月分から支給対象となるんです。

出産日が月末予定の方は、参考にしてくださいね。

≪現況届≫

申請が終わっても、全てが終わったわけではありません。

毎年6月に、『現況届』の提出が必要になります。

現況届は、受給者の前年の所得状況や子供の養育状況など

受給要件を確認するためのものです。

提出しないと6月分以降の手当てが支給されないので必ず

提出しましょう。

現況届は、市区町村から郵送で用紙が届きます。

健康保険被保険者証の写しなど、必要に応じて添付するものが

あるので、提出の仕方をよく確認してくださいね。

≪支給口座≫

子供手当は、父母のうち『所得が高いほう』に支給されます。

所得が低いほうの保護者や子供名義の口座に振り込むことが

できないので、申請時には注意しましょう。

≪その他≫

引っ越しをしたときは、翌日から15日以内に、新しく住む

地域の市区町村に届け出を提出しましょう。

申請に必要な書類や記入用紙などは、自治体によって違うので、

分らないことは、住んでいる市区町村の役所に確認してみてくださいね。

子供手当で気を付けたい親の所得制限

子供手当には所得制限があります。

ただし、所得制限がかかる場合でも、年齢に関係なく、

子供1人あたり月額5,000円が支給されるんです。

所得制限がかかるのは、年間所得額が下の表より多い場合です。

扶養親族等の数 年間所得額 収入額(目安)
0人 622万円 約833万円
1人 660万円 約876万円
2人 698万円 約918万円
3人 736万円 約960万円
4人 774万円 約1002万円
5人 812万円 約1042万円

例えば、奥さんが専業主婦で子供が3人の場合、扶養親族等の数は

4人にとなります。

夫の所得制限限度額は、774万円、収入額だと約1002万円です。

扶養親族等が増えると、それに応じて限度額も引きあがります。

子供手当には所得制限の他に注意しなければならない点が2つあるんです。

≪子供が海外に住んでいる場合は支給されない≫

子供が海外に住んでいる場合は原則的には手当は支給されません。

ただし、以下の要件を全て満たしていれば、受け取ることができるんです。

・日本国内に住所を持たなくなった日から3年以内である。

・日本国内に住所をもたなくなった前日までに、日本に継続して

 3年を超えて住所を有していた。

・教育を受けることを目的として海外に居住し、父母と同居していない。

≪両親が離婚などの理由により別居して、さらに生計が同じでない時は、子供と同居している人に手当てが支給される。≫

例えば、今まで父親の口座に子供手当が振り込まれていても、離婚をして

母親と子供が同居している場合は、母親の銀行口座へ振り込み先を

変更することが出来るんです。

手続きの手順は、要件によって異なるので、住んでいる市区町村に

確認してみましょう。

まとめ

子供手当を受け取るには、まず申請が必要です。

『申請した翌月分からが支給の対象』になるので、出産後は

なるべく早く申請をしましょう。

ママは出産したばかりで体を休めなくてはいけないし、新生児の

お世話も大変です。

申請は、パパにお願いすることをおすすめします。

出産前に、必要書類や記入内容などを夫婦で確認しておくと、

申請がスムーズにできますよ。