子供だけじゃない!大人も罹る百日咳に要注意

病気

最近は子供だけではなく大人もかかる人もいるので怖いですよね!?

百日咳にかかるとどんな症状があるのか、百日咳とはなどについて紹介します。

周りに感染を広げないために知っておきたい「百日咳」とは

「百日咳とは?」

百日咳菌による感染症で症状は、咳きが出始めると止まりにくく、最後にヒューと笛の鳴るような音を立てながら息を吸い込む咳の発作が出ます。

咳が治るまで長い時間が必要なため百日咳という名前がついています。

予防接種をうつことで感染者は減りましたが‥1歳以下の子供がかかると、症状が悪くなると亡くなる可能性があるので小さな子供がいる人は注意が必要です。

免疫は年を重ねるたびに効果が弱まるため大人も百日咳になります。

百日咳になるとどんな症状が出る?

・百日咳の潜伏期間は?

通常は1週間前後ですが、6~20日と個人差があります。

  • カタル期  (1~2週間目)

鼻水や咳、喉のかゆみといった風邪ににたような症状が出て、少しずつ咳が強くなります。

発熱はない、あっても微熱です。

  • 痙咳(けいがい)期( 3~6週間目)

特徴的な咳の発作が頻回に起こりますが、夜間に多く見られて咳き込んだ時に吐くこともあります。

「百日咳の特徴的な咳」

・一度咳が出始めるとコンコン連続して咳が出る。

・ヒューと笛のような音を立てて息を吸い込む発作が出る。

・咳をしたあとに粘り気があるたんが出る。

・百日咳菌は鼻やのど、気管などに侵入してから、粘膜に侵入して毒素を出します。

毒素の影響で発作的な咳が起こります。

  • 回復期 (6~9週間目程度)

咳の発作が少しずつ減り数週間で症状が落ち着きます。

「子供の症状」

咳き込みが強いため典型的な症状だけではなく、顔が真っ赤になる、顔のむくみ、 目の充血 、顔に小さな点状の内出血 、嘔吐などがあるので様子をみてくださいね。

「入院治療になる症状」

・咳発作で体力が消耗している。

・疲れていても眠れない。

・脱水、食欲がない。

・呼吸障害がある。

などがあると肺炎や脳症があります。

「大人の症状」

大人は典型的な3段階の症状(カタル期 → 痙咳期 → 回復期)は少なく、一度咳き込むと止まりにくい発作性の咳が2週間以上長引いたら、最後にヒューと音を立てて吸い込む咳発作は1~5割の人に出るようです。

合併症は失神、不眠、失禁、肺炎、激しい咳をしすぎて、肋骨骨折などがあります。

脳炎や死亡などの重い症状は0.1%以下です。

病院に行く目安は?

1歳未満の子供が激しい咳をしているときは、早くかかりつけの病院に行きましょう。

激しい咳以外にも時々息を止める、唇の周りが青紫色になるような咳込みがある、百日咳の予防接種をまだ受けていないときは、受診したときに伝えましょう。

予防接種受けた1歳以上の子供も、1週間以上咳が長引くときはかかりつけ医を早めに受診して地域の感染症の流行情報も注意が必要です。

大人の受診の目安

症状が子供より軽いため受診や診断が遅れることがあります。

風邪として様子をみていると咳だけが残っても自然に治ってしまうときもあります。

周囲を感染から守るために咳が1~2週間以上長引くときは、医療機関を受診しましょう。

百日咳は、百日咳菌という細菌に感染することで起こるため、流行時期は不明確で、1年を通して感染があります。

飛沫感染 :感染している人の咳やくしゃみなどに含まれる細菌を吸いこむことで感染します。感染力がとても強く感染症に麻疹(はしか)があり、百日咳菌の感染力はこの麻疹(はしか)ウイルスと同じくらいです。

どんなに広い場所でも免疫をもっていなければ、同じ空間にいるだけで感染してしまいます。

感染力が強いと言われていますがインフルエンザは、1人の患者から感染するのは免疫のない1~2人くらいで、はしか(麻疹)は1人の患者で免疫のない12~14人程度に感染するようです。

家庭内で感染する確率も高く、子供がかかると母親やきょうだいにうつる確率は約50%です。

百日咳は、一度感染しても生涯を通じての免疫(終生免疫)は、獲得できないため、繰り返しかかることがあるのでしっかり治しましょう。

見出し③  百日咳を予防する方法は?

百日咳はワクチン接種で予防するのが効果があり、接種することで百日咳の発症を80~85%程度防ぐことができるようです。

ワクチンの効果は4~12年で弱まってくるので、繰り返して接種を検討しましょう。

・定期接種をする。

百日咳のワクチンは定期接種の対象で、対象の年齢内であれば無料で接種することができます。

2012年11月に四種混合ワクチンが導入され以降は、四種混合を接種するのが一般的です。

生後3か月~7歳5か月までの間に4回接種します。

定期接種スケジュール

1回目、2回目、3回目は、生後3~12か月の間、間隔は20~56日(3~8週間)までの間隔をあけます。

4回目

3回目の接種から6か月以上の間隔をあけます。

百日咳は乳幼児は亡くなる可能性が高い感染症なので予防接種を受けましょう。

・任意接種をする。

ワクチンの効果は4~12年で弱まってくると考えられているので、接種後時間が経ち免疫が弱まったころに大人が感染してはやります。

・就学前の接種(4~6歳)

百日咳ワクチンの免疫は小学校入学前に低下するため、就学前のMRⅡ期(麻疹・風疹ワクチン)の定期予防接種のときに三種混合の同時接種をするようになっています。

・15歳以上で大人の接種。

三種混合を接種して前回の百日咳ワクチンの接種から4~12年以上経過しているときがあります。

・妊婦さんが接種する。

欧米は妊娠中に百日咳のワクチン接種を受けさせる国もあります。妊婦自身が百日咳にかかることを防ぐと同時に、赤ちゃんが百日咳の抗体(免疫)を獲得した状態で生まれることになるため、乳児早期の感染を予防しています。

※任意接種のときは費用は自己負担になり、料金は医療機関によって違いますが目安としては1回5,000円~7,000円くらいです。

市区町村によっては費用の一部を助成して接種できる可能性があり、住んでいる市町村に相談しましょう。

まとめ

百日咳は子供がかかる病気だと思っていましたが、大人もかかる病気だとは思いませんでした。

私の家ではよく子供が風邪をひくことが多いため、ひどいときは咳だけが治らずに百日咳用の薬をもらって飲むことがあります。

百日咳の症状を少しでも軽くしたいなら百日咳の予防接種を受ける必要があります。

大人が百日咳の予防接種を受けるとお金がかかりますが、症状が悪化させないためには必要なことだと思いますよ。

百日咳の症状が悪くならないためにいつもの風邪より違うときは、すぐ病院に行ってみてもらうと安心ですよ!