アナウンサーも悩む?『発疹』とは?正しい読み方知ってますか?

勉強

「発疹」という言葉を目にしたり、聞いたりすることは

多いですよね。

日常会話などでも、「発疹」という言葉を使うことがあるかと

思います。

ですが実際のところ、「発疹」ってどうやって読むか迷うことって

ありませんか?

「はっしん」なのか「ほっしん」なのか、どちらが正しいのか

確実に分かるという方は意外と少ないかもしれませんね。

そこでこの記事では、「発疹」の正しい読み方についてご紹介して

いきたいと思います。

合わせて、発疹でかゆみがひどい場合にどうしたらいいのか、

また発疹の種類にどういうものがあるのか?ということについて

お伝えしていきたいと思います。

今、発疹について調べている方のお役に立てますと幸いです。

◎発疹でかゆみがひどくて眠れない!病院に行くめやすを教えて!

まず早速、「発疹」の正しい読み方から調べてみました。

こちらのサイトを参考にしています。

正解はというと、一般的には「はっしん」と読むのが正解

なのだそうです。

ですが、辞典には「はっしん」と「ほっしん」の2つの

読みを採用するという内容が記載されているそうです。

つまり、一般的には「はっしん」であるけれども、「ほっしん」

という読み方も認められるということですね。

さらに調べてみると、医療業界での読み方は、「ほっしん」と

読む場合が多いようです。

もしかしたら、病院を受診して先生が「ほっしん」と読んで

いるのを聞いたことがある方もいるかもしれませんね。

私自身も先生が「ほっしん」と言っていたのを聞いたことが

あります。

この機会に、発疹がどちらの読み方もできるということを

覚えておくといいですね。

そして今、実際に発疹ができてしまって、かゆみに悩まされて

いるという方もいるかと思います。

ここでは、発疹ができてしまって、かゆみで辛いときに

どうしたらいいかをご紹介していきたいと思います。

こちらのサイトを参考にしました。

まずは、「冷やす」という方法です。

発疹でかゆみがひどいと、無意識にかいてしまいがちですよね。

ですが、ここはグっと我慢することが大事です。

かきむしって皮膚を傷つけてしまうと、肌のバリア機能が

低下して、発疹がさらに悪化してしまう場合があります。

なので、どうしてもかゆくて我慢ができないときは、

患部を冷水や保冷剤などで冷やすのが効果的です。

こうすることで、夜も眠りやすくなるでしょう。

次は、「市販薬を使う」という方法です。

これは、発疹の原因がはっきり分かっていて、部分的に症状が

出ているときにできる対処法です。

ドラッグストアなどには、発疹やかゆみ用の薬が売られています。

また、ドラッグストアなどには薬剤師の方が常駐している

場合が多いので、その場で相談してから購入することもできます。

以上が、発疹でかゆみがひどいときにできる対処法になります。

ただし、上記の方法を試しても発疹が改善せず、かゆみが続く

場合があるかと思います。

そのときは、病院に行ったほうがいいでしょう。

他にも、発疹の原因が分からない場合や、症状が重く悪化

している場合、症状が出る範囲が広いといった場合は、

自己判断せずに病院に行くのがいいようです。

何かの病気?それともストレス?発疹の種類と見分け方!

ひとことに発疹と言っても、色んな種類がありますよね。

ここでは、発疹の種類と見分け方についてお伝えしていきたいと

思います。

一つ目は、「手足口病」です。

これは、たくさんの小さな水疱ができ、風邪のような症状が

現れることがある病気です。

乳幼児だけではなく、大人もかかることがあります。

二つ目は、「皮膚炎(湿疹)」です。

これは、何らかの理由で皮膚に炎症が起きたことによって

生じます。

症状の特徴としては、紅斑や水疱、膿疱といった見た目と、

かゆみを伴うことがあります。

三つ目は、「蕁麻疹」です。

これは、急に現れて1日以内に湿疹や紅斑が消えたりするのが

特徴です。

原因としては、皮膚の肥満細胞からヒスタミンという物質が

放出されて生じるのだそうです。

ストレスが原因となって蕁麻疹が出ることもあるようです。

以上が、病気やストレスが原因と考えられる発疹になります。

こちらのサイトに、発疹の種類について詳しく載って

いましたので、見てみてくださいね。

まとめ

これまで、「発疹」の正しい読み方について、また発疹で

かゆみがひどくて眠れないときにはどうしたらいいか、

さらに発疹の種類や見分け方をお伝えしてきました。

急に皮膚に発疹ができると、何だろう…と不安になりますよね。

さらにかゆみもあれば辛さが増すことでしょう。

虫に刺されたなどの原因が自分でもはっきりと分かっていれば、

病院に行くか、ドラッグストアで薬を買うかなどの選択がしやすい

かと思います。

ですが、原因が分からなければ、不安と苦痛に悩まされること

でしょう。

かゆみがあると、寝ているときにどうしても無意識にかいて

しまったりしますよね。

なので、発疹ができたら、かきむしってしまう前に病院に

行ってみることをおすすめします。

早めに発疹の原因が分かるといいですね。